ブランクのある看護師の面接テクニック

看護師でも面接準備はぬかりなく!

トップページへのリンク
    

一度仕事を辞め、ブランクのある看護師が面接を受けたら、いったいどんな質問をされるのでしょうか?
事前に知っておいて損はないはずですから、ぜひ参考にしてみてください。

ブランク明けの看護師必見~面接のココが違う!

私のように子育てを機に退職し、看護師としてブランクがある状態での面接。
やっぱり緊張しました…。

理想的な求人に惹かれ登録した求人サイト「看護のお仕事」のコンサルタントさんからは、事前に様々なアドバイスをいただきましたし、なにより私がブランクのあることを心配していたら、コンサルタントの方は研修制度がきちんと用意されている求人だけに絞りこんでいてくれました。

正直、無料でここまでしてもらえるなんて思っていなかったので、こういった転職サイトの存在に驚くと同時に、
ただただ感謝しかなかったですね。

さらにできるだけ早く復職したいと告げると、
コンサルタントが着々と準備を進めてくれ、すぐに看護職に復帰できることになりました!

「看護のお仕事」のコンサルタントには、すっかり忘れていた履歴書の書き方や面接の仕方なども事細かに教えてもらうことができました。

Oさんに聞きました!看護師が復職する時の履歴書のコツ

  • どの病院の診察科でどんな経験を積んでいるのか明確に書く
    自己アピールを兼ね、得意分野などを伝えること。
    履歴書には過去に勤めていた病院、診察科、経験が何年あるかをしっかり記載するようにすること。
  • 写真は綺麗に写ったものを使う
    美人に撮れた写真という意味ではなくて、スピード写真などよりも写真館などでプロに写してもらった綺麗な写真を使うようにすること。
  • 資格を持っている場合はアピールする
    看護師免許以外の資格を持っているなら、それをアピールする。保健師や助産師などの資格を持っていると仕事の幅が広がるはず!
  • 看護師へ復帰する人が面接を受けるときに良く聞かれること

    ▶「簡単な自己紹介をしてください」
    ▶「看護師に復帰する理由は?」
    ▶「この病院を志望した動機を教えてください」
    ▶「どんな基準でこの職場を選びましたか?」
    ▶「現場ではどんな仕事に就きたいですか?」
    ▶「どんな看護師を目指していますか?」
    ▶「長所と短所を教えてください」
    ▶「これまでの仕事で最も大きなミスは何ですか?」
    ▶「得意なこと、不得意なことは何ですか?」
    ▶「採用されたときにはいつから働けますか?」
    ▶「年収はいくらを希望していますか?」
    ▶「復職する理由は何なんですか?」
    ▶「ブランクのある理由を教えてください」
    ▶「復職についてご家族は何と言っていますか?」

    面接ではかなり具体的な理由を聞かれるので、志望理由や目的はしっかりと考えておいたほうが良さそうです。