ママさん看護師にオススメな就職先の条件

子持ち看護師に理想の就職先

トップページへのリンク
    

育児中の看護師にとって理想の就職先とは具体的にどのようなところなのでしょうか?
意外な条件がそのカギを握っていました…。

実はこんな就職先が看護師にオススメ

昨今、注目されている潜在看護師の大半が子育て中の看護師ということもあり、主に福利厚生や勤務時間などで労働環境が整えられつつあります。そんなママさん看護師が働きやすい職場環境を考えてみました。

まずは、復職や転職をする前に、就職希望先の職場にはどのような人たちが働いているのか、情報をつかんでおくことも大切です。もちろん自分で調査するなんて困難ですから、看護師転職サイトなどに登録し、コンサルタントへ調査をお願いしましょう。

ママさん看護師が働きやすい職場の特徴

  • 1.院内託児所が設置されている
    病院によっては院内に託児所が設置されているところもあります。
    院内託児所は病院の敷地内に立地しているので、休憩時間や急用があるときに子供の様子を見に行けるのがメリット。
    ただ、入所できるかどうかはそれぞれ条件が異なっているため、事前の確認を怠らないようにしないといけません。正社員だけでパートが利用できないケースや、すでに定員いっぱいのこともあります。
  • 2.定時で帰宅できる
    育児も行わなければならないママさん看護師は、家事の準備や子供を託児所へ迎えに行く時刻もあるため、できれば定時で帰宅したい人も多いでしょう。
    残業ばかりの職場では、育児と仕事の両立はなかなか厳しいものがあります。
  • 3.職場に他のママさん看護師がいる
    育児中のママさん看護師にとって、意外と大切なのが職場の理解です。
    子供が急に熱を出して早退する場合、学校行事でシフトを変更するような場合に、自分以外にもママさん看護師がいると共感が得られますが、子育て経験のない人が多い勤め先では陰口や嫌味を言われるという実態も無きにしもあらず。
  • 緑の線

    もちろん、個人個人にとって理想の勤め先はさまざまです。とにかくたくさん稼ぎたいという人は残業も積極的にするでしょうし、子供を預けられるところがある人は院内託児所の必要はないでしょう。

    実は3番の「周囲の理解」こそ、育児中の看護師にとっては一番理想の職場かもしれません。
    他にママさん看護師がいれば、色々な相談に乗ってもらえますし、困ったときには協力的に動いてくれます。
    復職支援を行っている医療機関についてまとめているサイトがありますが、ここに掲載されている医療機関はママさん看護師が多いかもしれないので、コンサルタントにはこのような病院を中心に聞いてみるのがおすすめです。